ネットワークビジネスの断り方!これで友達関係安心

友達を誘って気まずくなり、集客する人いなくて悩んでいませんか?(無料クリック)

ネットワークビジネスをやっている方が多い世の中

一度でも誘われた経験がありませんか?

ネットワークビジネス自体はビジネス方法の一つであります。

しかし、悪いイメージをもっている人が多いですね!

そのときに、友達や会社の方から誘われらときに、

どう上手く断ることができるか悩んだ経験がありませんか?

今回は、友達からネットワークビジネスに誘われたときに、自分も誘った友達も関係性がいい断り方について調べてみました。

ネットワークビジネスの断り方 対面編

ネットワークビジネスをしたときに、100人リストを作って勧誘する方法をネットワークビジネスの勧誘方法として取り組んでいることがあります。

100人リストを作るときは、友達や知り合いをリストアップすることが多いです。

ネットワークビジネスの誘い方とし、

〇お茶しない?

〇食事会があるんだけど

〇いい話があるんで話がしたいんだけど

などと誘って来ることがあります。

みなんさん経験がありませんか?

ネットワークビジネスを誘うときには、前日までに「紹介したい人がいるので、一緒でもいい?」と連絡が来ることもあります。

会ったときにはとっても気さくに会話をしてくると思います。あなたの困っていることや悩んでいること。特に、ネットワークビジネスでは、化粧品やサプリメントなど健康面の商品が多いです。

最近、お肌や体の調子がよくないという悩みがあれば、もう、そこからネットワークビジネスの話をしてくるでしょう。

「こんな製品を使って、私は肌がよくなった。」

「この製品で、体調がよくなってきた。」

などと商品の売り込みをしながら、「それを使い、健康になって、収入も手に入れたらすごくいいよね!」と話をどんどんしてくると思います。

アップの方も一緒にいると、アポに慣れている方が同席をするので、どんどんあなたがやることでこんなメリットがあるんだと、資料を見せられていくことになるパターンになりますね。

食事会やパーティーでは、お店で会食をするというよりは、ネットワークビジネスをやっている仲間の家でホームパーティーをすることが多いです。

その理由としては、商品を使って料理をしたり、空気清浄機などが置いてあるのでこんなに便利なものなんだと体験できてしまうので、いい商品なんだと感じてしまう効果もあると考えます。

パーティーでは、そのときにすぐにネットワークビジネスを勧誘しないで、このメンバーと一緒にいて楽しかった!と思わせるのか一つの作戦かもしれないです。

このパーティーに参加した方は、誕生日にメッセージや誕生日パーティーをしたり、こまめにメールをしてきます。

”信頼関係”を築くためにやっています。

信頼関係を築いていくと、日本人は時に、「せっかくここまで私のためにしてくれたのに、断れないな」「この人たちは、いい人だから、間違いない」と安心感を持たせて、ネットワークビジネスをさせようとする一つのテクニックです。

このように、仲良くしていた友達やパーティーで仲良くなったネットワークビジネスの人から勧誘をされたときの断り方は、

興味がなければ、きっぱり断ることが大事!

曖昧に答えるとどんどん、ネットワークビジネス側のペースになってしまいます。

少しでも不安があった場合は、はっきり「ネットワークビジネスはやらないです。」と断ることが一番。

友達付き合いをこれからもしたいと思って、曖昧にしないでください。

断って友達付き合いができなるならそれはそこまでだったと割り切ることが大事です。

ネットワークビジネスの断り方 メール編

ネットワークビジネスのメールでの勧誘に方法としては2つあります。

1.友達からメールが届く。

スマホがほとんどの方が持っている時代、電話よりメールで連絡が来ることがほとんどだと思います。

気が付くと、懐かしい友達からメッセージが届いていることがあります。

「久しぶり!元気していた?今度ご飯でもどう?」

などと連絡をしてきます。

久しぶりだから「いいね!今度行こう!」と返信をすると、

すぐに「いつ空いている?」また、ネットワークビジネスに慣れている友達だと、いくつかの日時を出して、都合のいい日を聞いてくることもあります。

ネットワークビジネスの勧誘経験していない人は、本当に久しぶりにご飯をするんだと思って会いに行くことになります。

不信に思った場合は、

「今は仕事が忙しいから時間が合わない」

「もう予定が入っている」

などと理由をメールして合わないようにすることが大事。

会ってしまうと、本当は断りたいのに、友達だからという理由できっぱり断れないことがあるので。

都合が悪いとメールをしても、何度もメッセージが来ることがあると思います。

その場合は、

なぜ、急にごはんに誘うのか聞いてみてもいいかもしれないです。

会う場合は、ネットワークビジネスに誘われたときにやらないのであれば、

「やらない」ときっぱり断ってください。

断っても、何度もメールが来るのであれば、

・その友達のアドレスを非通知や迷惑メールに登録する。

・メールアドレスを変更する。

ということをしてしまってもいいと思います。もう関わりたくないと思っているのであれば。

2.パソコンやスマホから連絡があった場合

パソコンやスマホで検索をしていると、広告でビジネスの案内がアップされることがあります。

本業以外でも収入が欲しいという人は多いと思います。あなたも、一度は、副業で検索したことないですか?

検索サイトの広告やTwitter、Instagram、Facebookなどに副業の案内や広告を目にすることがあると思います。

SNSはほとんどの人がやっているので、友達申請やフォローなどをしていますね!

そうすると、どんどん会ったことない人も友達になりますよね。

その友達からネットワークビジネスのお誘いが来ることも多くなっています。

メッセージのやり取りをしているだけでも、信頼関係ができてくるのが不思議です。

メッセージのやり取りをしていると、ネットワークビジネスに誘ってきます。

無料での説明会があります

zoomで説明会があります。

などとお誘いメッセージが届きます。

そんな時には、興味なければ、すぐに断ってください。

もし、あなたが、少しでもネットワークビジネスに興味があるのであれば、

資料をもらうだけにしてもいいと思います。

どんなネットワークビジネスなのか知ることも大事だと思います。

最近だと、ネットワークビジネスの会社ビジネスについて、PDFなどデータになっていることが多いです。

「資料をまず見せて検討したい」とメッセージを送ると、すぐに添付されてきます。

ネットワークビジネスをやっている人は、この人、興味あるのかも?と期待して情報を提供してくれます。

その資料を見て興味があれば、説明会に参加したらいいと思います。

メールでのやり取りだと事前に情報収集ができて、不安ならば、他の人に相談して、ネットワークビジネスは問題ないのか相談もできるので、あとで後悔することが少なくなると思います。

資料をもらって興味がない場合は、

「興味がないです。」ときっぱりと断りましょう。

相手から断る理由も聞かれると思いますが、理由を言っても、いろいろ聞いてくるので時間の無駄使いになるので、理由は言わなくでもいいです。

断ったのに、何度もメールが来るんであれば、

・迷惑メールに入れる。

・SNSで友達やフォローをしているのであれは、そのまま返信をしない。友達申請やフォローを解除してしまう。

という方法もあります。

ネットワークビジネスの断り方 LINE編

LINEでネットワークビジネスを誘って来ることがあります。

興味なければ、すぐに断ってください。

「私はやりません」と!

それでも、誘って来る場合は、ブロックや無視をしてください。

メッセージを送らなければ、そのうち連絡は来なくなります。

まとめ

ネットワークビジネスを断る場合は、どんな方法でも素直に「断る」ことが大事。

ネットワークビジネスをやっている人は、勧誘するための、マニュアルやコールプレイングなどをしてトレーニングをして断れないための対策をとっています。

断られないように、いろいろな方法でアプローチしてきますので、あとで後悔しないように、誘われてやらないのであれば、断りましょう。

それが一番です!

断る勇気を持ちましょう!

声かける人がいなくなって、困っていませんか!?

ジュネスグローバルで一番の恐怖は、「声をかける人がいなくなる」ということです。

声かける友達や知人が尽きてしまったら、あなたのビジネスはおしまいです。

でももし、その人脈が尽きるどころか無限に増えて行き、

しかも相手の方から「その話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、

あなたは、興味ありますか?

やりたい!と興味をもってくれた人だけを集客できるオンライン集客方法を学びませんか!(無料クリック)